モカイルガチェフェ <エチオピア> 【Ethiopia Mocha Yirgacheffe】

紅茶のような華やかな香りと重厚感のある口当たり

コーヒー発祥の地エチオピア。
コーヒー栽培は、大半が小農家で昔から変わらずの自然のままの栽培方法で生産されます。
Gotiti kebele(village)は、イルガチェフェ南部のコチャレ地区に位置し、豊かな自然に囲まれ、コーヒー栽培に適した条件(標高の高さ・肥沃な土壌・豊富な雨)の中で育まれ栽培されます。
Gotiti のウォッシングステーションでは、気候条件に応じて36〜48 時間の発酵工程を経て、アフリカンベットで12〜15日間の天日乾燥が行われます。
乾燥方法において、定期的に攪拌させることでムラなく乾燥させ、日中の高温の時間帯は過度な
乾燥を防ぐためカバーされます。また、夜間も降雨や湿気から保護するため、カバーされます。

生産地域 :コチェレエリア
      ゲデブ地区ゴチチウォッシングステーション
標高   :1,900m〜2,100m
規格   :Grade 1
スクリーン   :14up
精選方法 :水洗式
乾燥方法 : 天日乾燥(アフリカンベット)
品種   :エチオピア原種
味覚特徴 :紅茶、フローラル、アプリコット、はちみつ、ライム

(生豆240gを受注後焙煎し、焼き上がり約200gを1袋としての販売です。)

販売価格
1,480円(税込)
煎り方
挽き方
購入数