エルパライソ農園 アナエロビック ライチ <コロンビア>
【Colombia El Paraiso Anaerobic Lychee】

衝撃的なフレーバーのコーヒー!
キンモクセイ?ライチ?ピーチ?イチゴチョコ?
生豆の注文受付開始から数分で完売していました。
それだけコーヒー業界からも注目されているコーヒーなんですね。
ワンズでも少し確保できましたので、ご興味ある方はぜひぜひこの機会にお試しください!

Diego Samuel Bermúdezは2006年にコーヒービジネスの魅力に取りつかれ、資金には乏しかったものの、自己実現への熱意をもってコーヒーづくりに取り組んできました。コロンビアのアナエロビックの第一人者と呼ばれています。今日ではポストハーベストでの味づくりを徹底的に研究し、嫌気性発酵や独特の乾燥方法を用いて新たなフレーバーを創り上げ、年々その名を世界に拡げていっております。
※2018年 コロンビアCOE ダブルアナエロビックファーメンテーションにて精選したロットで10位入賞。

=最大の特徴 ポストハーベストでの味づくり=
収穫後のプロセスは標高1,930mに位置するEl Paraiso農園で行っています。嫌気性発酵や乾燥方法に工夫を加え、異なる風味を作り出しています。
フレーバータイプによってライム、レッドプラム、ライチなどをコンスタントに作ることができ、今回は”ライチ”にあたるロットです。
○チェリーの状態で48時間、18度の温度下で嫌気性発酵を実施し、脱果肉後96時間、19度の温度下で再度嫌気性発酵しています。
○水洗工程では、初めに40度のお湯で洗い、その後12度の水で再度洗っています。
○乾燥工程では、温度35度、湿度25度の環境下で34時間乾燥させ、水分値11%にしています。

浅煎り
柑橘系の明るい酸味。ラムネ。ピーチ。ライチのような風味。酸味がきれいに広がる。しっかりとした甘味。ミルキーで特徴感があり、バランスが良い。
中煎り
イチゴチョコレート、ピーチ、ライチのような風味が広がる。酸味が少し落ち着く。ミルキー。鼻から抜けるフルーティーさが心地よい。

生産地:カウカ県ピエンダモ地区
生産者:ディエゴ・サムエル・ベルムーデス (Diego Samuel Bermúdez)
プロセス:ダブルアナエロビックファーメンテーション (Double anaerobic fermentation)
品種 :カスティージョ
標高 :1,700以上

限定入荷のためなくなり次第終了となります。

(生豆240gを受注後焙煎し、焼き上がり約200gを1袋としての販売です。)
販売価格 2,300円(税込)
購入数

煎り方
挽き方


About the owner

自家焙煎コーヒー豆専門店  コーヒーロースト ワンズ   店長のイチノです。


コーヒーロースト ワンズは、おいしいコーヒーをお届けするために、ご注文をお受けしてから、お一人お一人のお好み合わせて、コーヒーの生豆から真心込めて丁寧に焙煎をさせていただく、オーダー焙煎コーヒー豆専門店です。 神戸からお届けする焼き立てのコーヒー豆。皆様のご注文を心よりお待ちしております!




2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
が定休日です。


友だち追加

Top