エルサルバドル エル グアモ農園 ブラックハニー<エルサルバドル> 【El Salvador El Guamo Black Honey】

ミューシレージと呼ばれる豆の周りの粘液質を残した状態でゆっくりと乾燥させるハニープロセス。粘液質をどのくらい残すかでホワイト〜イエロー〜レッド〜ブラックなどと呼び名も変わります。粘液質をしっかり残したブラックハニー精製により、濃厚な甘みとジューシーさを兼ね備えたコーヒーに仕上がっています。

エルサルバドル最西部に位置するアワチャパン県タクバ市にあるエル グアモ農園でつくられた、SHGカトゥーラ ブラックハニーです。農園はフェルナンド・アルファロさんとホセ・エンリケ・グティエレスさんにより運営されており、お二人ともエルサルバドル国内で長きに渡りコーヒー生産へ携わっています。自社農園のコーヒーの品質向上に努めるだけでなく、地域のコーヒー産業の活性化も図っており、地元の人々を雇用するなど、地域全体の生活向上にも貢献しています。彼らは「カップの質・環境の質・労働社会の生活の質」の3つの質を向上させる独自の哲学を持ち国内のコーヒー産業活性化の一翼を担っています。

農園名:エル グアモ(El Guamo)農園
所在地:アワチャパン県タクバ市ラ・パンデデュラ
農園主:フェルナンド・アルファロ、ホセ・エンリケ・グティエレス
標高 :1200m
品種 :Red &Yellow Caturra
精製 :ブラックハニー
規格 :SHG
カップ :フローラル・ベリー・ジューシー

※限定入荷のためなくなり次第終了となります。

(生豆240gを受注後焙煎し、焼き上がり約200gを1袋としての販売です。)
煎り方
挽き方
購入数
Soldout